亀裂から始まった虫歯

亀裂(矢印)から始まったと思われる虫歯

どれほど磨いても、お砂糖を控えても、防げない虫歯があることをご存じでしょうか?

歯ぎしりや食いしばりなどによって起こる、”歯の亀裂”が虫歯の原因となることが分かってきました。

虫歯は、かみ合わせ部分の溝や、隣り合う歯の接触点から起こることが多い病気です。

虫歯が起こるために必要な3要素は、

虫歯菌
お砂糖
時間

虫歯菌がお砂糖を分解し、酸を作ります。その酸が長い時間、歯の上に着いていると歯が溶けて(脱灰)穴があいてきます。

基本的に、この3つをコントロールできれば、虫歯にはなりません。

・虫歯菌がいなければ虫歯にならない
・虫歯菌がいても、お砂糖を与えなければ虫歯にならない
・虫歯菌にお砂糖を与えても、短時間ならば虫歯にならない

ですが、どれほど頑張っても防げない虫歯というものが存在します。

それは、

歯ブラシの毛先が届かない部分から発生する虫歯です。

一般には、歯のかみ合わせ部分の細い溝から始まる虫歯です。

歯の表面には、凸凹が多くあり、溝もたくさんあります。その溝の細い部分は、歯ブラシの毛先よりも細いことがあり、そこにたまった虫歯菌は、歯ブラシでは擦り落とすことが出来ません。つまり、どんなに一生懸命予防をしても虫歯になってしまうことがあります。

食いしばりや歯ぎしり、かみ合わせのズレ、硬い物が好きなど、様々な原因によって、歯に本当に小さな「亀裂」が入ることがあります。目には見えないような亀裂でも、虫歯菌はもっと小さいので、その亀裂の中に入っていくことが出来ます。

そう、最近では、歯の亀裂が、予防できない虫歯の原因となることが、わかってきました。

全てが繋がっているわけではありませんが、かみ合わせは、頭痛や肩こりなどの原因となることも分かってきました。歯磨き指導、甘い物の管理に加えて、是非、歯科医院を利用して、かみ合わせにも注意してみてください。